/

この記事は会員限定です

「夜の街」のコロナ対策、2人の知恵袋に聞く

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

新型コロナ感染症の陽性者が増加する東京都では、ホストクラブなど夜の繁華街の接客業が感染拡大の場になっているとされる。行政などが「夜の街」と呼ぶことが関係者間のリスクコミュニケーションを妨げ、対策が進まない一因になっているのではないか。繁華街の現場で対策を指導する医師の岩室紳也さんと、リスクコミュニケーションに詳しいコンサルタントの西沢真理子さんに聞いた。

岩室さんは泌尿器科の医師で、若者の性教育や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1813文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン