/

国民民主、新党名決定は「民主的に」 合流協議で立民に要求

(更新)

立憲民主党の福山哲郎幹事長と国民民主党の平野博文幹事長は22日、国会内で会談し、両党の合流を巡って協議した。平野氏は合流後の新党名を民主的な手続きで決めるよう文書で求めた。

両氏は消費税減税と憲法論議のあり方に関して、新党の綱領を作成する際に議論する方針で一致した。国民民主の玉木雄一郎代表が事前に認識を擦り合わせるよう主張しているのを踏まえた。平野氏は新党結成など、党名以外の立民提案には賛同する考えを示した。

福山氏は会談後、新党名について「しこりは残したくないので、できれば表決ではない知恵を幹事長間で詰めたい」と述べた。平野氏は「無記名投票をしたらいいのではないか」と語った。

両党の協議では党名で折り合えるかが合流の成否に関わる一つの要素となっている。立民側は支持層が離れるおそれがあるとみて、変更しないように求めている。

国民民主内には「リベラル色が強すぎる」との反対論がある。玉木氏は22日の記者会見で「投票以外に民主的な方法があるのなら知りたい」と強調し、立民側に具体策を提示するよう促した。

玉木氏は合流を決めるなら「新しい党をつくる意義を分かりやすく示さないといけない」と指摘した。「何か大事な要素が一個でも欠けていれば、それは決まらないということだ」とも語った。

立民は15日に(1)両党を一度解散し新党をつくる(2)新党名は「立憲民主党」、通称・略称は「民主党」とする(3)結党大会で所属国会議員による代表選を実施する――などを提案した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン