奈良市にJWマリオット・ホテルが開業 日本初進出

2020/7/22 13:25
保存
共有
印刷
その他

22日開業したJWマリオット・ホテル奈良(奈良市)

22日開業したJWマリオット・ホテル奈良(奈良市)

ホテル世界大手の米マリオット・インターナショナルは22日、日本初進出となる高級ホテル「JWマリオット・ホテル奈良」を奈良市に開業した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今春の開業の予定が延期されていた。

同ホテルは、4月1日に開業した奈良県コンベンションセンターの隣に立地。16室のスイートルームを含む158室の客室や宴会場、24時間利用できるフィットネスセンターなどを備える。延べ床面積約1万8000平方メートル。奈良市役所南側の県有地をPFI(民間資本を活用した社会資本整備)で再開発し、開発を手掛けた森トラストが同ホテルを誘致した。

新型コロナ対策として、フロントに飛沫防止のアクリルボードを設置し、チェックイン時には検温も徹底する。奈良県の荒井正吾知事は「これまでなかったハイエンドなホテルに奈良に来ていただいたことはありがたい。コロナ禍でも予約は絶好調と聞いている。長い目で見ればインバウンドも戻ってくると期待している」と話した。

マリオット・インターナショナルは現在、同ホテルも含め日本国内で15ブランドの下に50軒のホテルを有する。2025年までに19ブランド、80軒の開業を予定している。関西でも1日、大阪市のJR難波駅近くに宿泊特化型の「フェアフィールド・バイ・マリオット大阪難波」を開業したばかり。21年には大阪市の御堂筋沿いに「W(ダブリュー)ホテル」の開業を計画している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]