20年度の実質成長率はマイナス7.1%、21年度は3.4%成長 NEEDS予測
コロナ禍で日本経済は徐行運転続く

2020/7/22 14:01
保存
共有
印刷
その他

日本経済新聞社の総合経済データバンク「NEEDS」の日本経済モデルに、2020年7月21日までに公表された各種経済指標の情報を織り込んだ予測によると、20年度の実質成長率はマイナス7.1%、21年度は3.4%の見通しになった。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響が続き、急降下した景気の回復ペースは上がらない。

20年4~6月期の実質国内総生産(GDP)は前期比7.4%減(年率換算で26.4…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]