米女性参政権100年 高くて硬い「ガラスの天井」
Global Economics Trends 編集委員 小竹洋之

小竹 洋之
Global Economics Trends
編集委員
2020/7/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2020年8月26日――。1カ月後の米国は祝賀ムードに包まれているだろう。憲法修正19条に基づき、女性の参政権が認められてから100年の節目である。

上院は8月を「女性参政権月間」に指定する決議を採択した。全米女性機構(NOW)をはじめとする女性団体も、様々なキャンペーンを展開中だ。

■米政治の女性参画、いまだに世界86位

米国の本格的な女性運動の起点は1848年。ニューヨーク州のセネカフォールズ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]