/

この記事は会員限定です

投資効率、首位はカカクコム 「持たない経営」に強み

ニッポン株式会社・不振の断面 ROICランキング

[有料会員限定]

新型コロナウイルス拡大による経済収縮を受け、企業が投資効率を高める必要に迫られている。事業活動に投じた資本を使ってどれだけ利益を生み出したかを示す「投下資本利益率(ROIC)」を調べたところ、2020年3月期に首位となったのは値段比較サイト運営のカカクコムだった。工場などの大きな資産を「持たない経営」を展開し、効率よく高収益を上げる企業が目立つ。

ROICは税引き後営業利益を投下資本で割って算出する。投下資...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1260文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン