EUが「財政統合」 メルケル流の本音と限界
欧州総局編集委員 赤川省吾

ドイツ政局
赤川 省吾
Nikkei Views
編集委員
2020/7/23 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

5日間にわたった欧州連合(EU)の首脳会議はコロナ禍からの再生を図るため、総額7500億ユーロ(92兆円)の復興基金で合意した。マラソン協議を取りまとめたのは13年ぶりに議長役を務めたメルケル独首相。財政統合への一歩とはいえるが、過大評価は禁物。メルケル流には限界がある。

突破口となったのは自らの譲歩だ。EUがカネを南欧に配れば域内の財政規律が緩む、と渋ってきたが方針転換。マクロン仏大統領ととも…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]