/

この記事は会員限定です

小売業35%ネット強化、本社調査 イオン系投資7割増

[有料会員限定]

小売業の構造改革が進んでいる。日本経済新聞社がまとめた2019年度の小売業調査では、35%の企業がネット通販を強化すると回答した。イオン傘下のスーパーはシステム投資を7割増やす。アマゾンジャパン(東京・目黒)はライフコーポレーションの総菜などを都内だけでなく大阪市でも扱い始めた。新型コロナウイルスで急速に変わる消費行動に対応する。(詳細を22日付日経MJに)

小売り各社に新型コロナの感染を受けた今後の対策を複数回答で尋ねたと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1708文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン