/

日米豪、南シナ海で訓練 領有権主張の中国けん制

海上自衛隊は21日、南シナ海から米領グアム周辺の海域で、米海軍とオーストラリア海軍による3カ国の共同訓練の実施を発表した。19~23日の日程で、護衛艦「てるづき」や米原子力空母「ロナルド・レーガン」など計9隻と航空機が戦術訓練を実施。南シナ海ほぼ全域の領有権を主張する中国をけん制する狙いがあるとみられる。

海自によると、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大以降、海自部隊が多国間の本格的な訓練に参加するのは初めて。

山村浩海上幕僚長は21日の定例記者会見で「日米豪の緊密な連携をアピールできるいい機会だ」と述べた。

トランプ政権は中国の南シナ海進出に対抗姿勢を強めており、レーガンと米原子力空母ニミッツは今月2回、南シナ海で軍事演習を実施した。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン