ANA、CO2総排出量を半減へ 2050年まで

2020/7/21 20:07
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ANAホールディングス(HD)は、グループの航空機運航時に発生する二酸化炭素(CO2)の総排出量を2050年までに05年比で50%削減する方針を決めた。新型コロナウイルスの影響で足元の航空需要は落ち込んでいるものの、中長期的には拡大が見込まれておりCO2の削減が課題となっている。将来に向けて環境対応の強化を進める。

燃費性能に優れた航空機の導入や環境負荷が小さい原料から製造されるジェット燃料「S…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]