/

この記事は会員限定です

三井物産安永社長「貿易書類 残る原本主義」

日本DXの課題 経済界に聞く

[有料会員限定]

貿易実務では船荷証券や決済の信用状など、書類の提出を求められるケースが多い。原産地証明や検疫証明も原本主義が残る。新型コロナウイルスの対応でテレワークを進めた一方、提出書類のための交代出勤も必要となった。

国際的な取引を電子上で終えても、日本で税務申告の紙をプリントする作業が必要になっている。業務全体をデジタル化できるように関係省庁や銀行、海運会社などと取り組んでいく。

今春から移った新社屋では...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り516文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン