位置データ活用の企業間ルール、カギは人権と透明性

2020/7/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

消費者の行動データの取り扱いを巡り、共通ルール制定の動きが出てきた。位置情報データを扱う企業などは社団法人を設立し、情報の取得や活用方法などのガイドラインをまとめた。電通は大阪大学とデータビジネスのルール整備に向けた研究に取り組む。データ分析では企業の説明責任が問われる。事業リスク低減への模索が続く。

■一般社団法人が基準を策定

「業界全体としての基準を定める」。6月24日、一般社団法人のLBMA…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]