/

四国の鉱工業生産、5月7.7%低下 基調判断下げ

四国経済産業局が21日発表した2020年5月の鉱工業生産指数(速報、15年=100、季節調整値)は85.1だった。前月比7.7%の低下で2カ月連続の低下。全14業種のうち8業種で、比較可能な13年以降で最低の数値となった。

自動車関連部品が低迷した汎用・生産用機械工業のほか、建築工事の中断の影響を受けた窯業・土石製品工業などで生産指数が過去最低を更新した。四国経産局の土橋秀義局長は「(新型コロナの)マイナスの影響が出始めている」と述べ、基調判断は「低下している」と5カ月ぶりに下げた。

出荷指数は、前月比10.7%低下の82.6となった。低下は2カ月連続。業種別では全14業種のうち、非鉄金属工業など12業種が低下した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン