アサヒ、博多工場でノンアルビール生産

2020/7/21 18:27
保存
共有
印刷
その他

アサヒグループホールディングスは21日、博多工場(福岡市)でノンアルコールビール飲料の生産設備を整えると発表した。31億円を投じてビールの生産ラインを改良し、2021年5月に稼働する。年間100万ケース(1ケースは633ミリリットルの大瓶20本換算)の生産を計画している。九州全域や中国地方の一部に出荷する。

アサヒビールの博多工場(福岡市)

ノンアルコールビール飲料は国内3拠点で生産している。このうち西日本では吹田工場(大阪府吹田市)で生産し、出荷している。博多工場で生産を始めることで、トラック輸送の距離を短縮するなど年1億円のコスト削減が見込めるという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]