/

この記事は会員限定です

サウジ向け牛肉輸出 6月解禁も期待薄

ハラル対応など壁に

[有料会員限定]

コロナ禍で輸出の前年割れが続く牛肉。6月19日にサウジアラビア向けが解禁されたが、意外にも業界では期待する声は少ない。輸出にはイスラム教の戒律に沿う「ハラル認証」取得が求められ、牛のと畜の際に専門の人材が必要になるなどハードルが高いためだ。

中東では既に富裕層が多いアラブ首長国連邦(UAE)やカタールへの輸出は可能だ。ただ、牛肉の総輸出量に占める割合はUAEで0.5...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り184文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン