/

北海道などでパーキンソン病老人ホーム サンウェルズ

北陸を中心に老人ホームを運営するサンウェルズ(金沢市)は、札幌市と相模原市にパーキンソン病専門の有料老人ホーム「PDハウス」を開設する。リハビリ機能を充実させ、同病の進行による手足の震えなどの機能低下を予防する。

「PDハウス相模大野」の完成イメージ

11月に札幌市で46床の「PDハウス西野」、2021年1月に相模原市で50床の「PDハウス相模大野」を開く。介護や看護は24時間体制で、リハビリ専門のスタッフも配置する。介護士や事務員らはそれぞれで約60人を新規募集する。

11年設立のサンウェルズは老人ホームやサービス付き高齢者住宅など19施設を運営している。21年以降は東京都や大阪府にも老人ホームを開設する予定という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン