/

この記事は会員限定です

導入相次ぐ「ジョブ型」雇用、成功の条件とは

上級論説委員 水野 裕司

[有料会員限定]

日本の主要企業が「ジョブ型」の雇用制度の導入に相次ぎ動き始めている。職務ごとに最適な人材を充て、仕事の遂行能力や実績に応じて処遇する。企業の競争力を高める社内インフラとして期待は高い。ジョブ型を成功させる条件とは何か。

まず、ジョブ型雇用の構造を押さえておこう。職務ごとに、使命、役割や具体的な仕事内容、必要な能力・経験などを明確にしたジョブディスクリプション(職務記述書)をつくる。それに照らし、最...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1419文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン