/

青森・むつ市、観光関連21施設閉鎖 市長はGoTo反対

青森県むつ市は23~26日の4日間、市が所有する21の観光・レクリエーション施設を閉鎖する。22日から国が国内旅行の代金を補助する「Go To トラベル」事業の開始後初めての連休に、不特定多数の観光客が来訪しないようにして新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ狙いだ。

下北半島を代表する観光地、薬研温泉の露天風呂も閉鎖する

閉鎖するのは釜臥山展望台、下北観光物産館、薬研温泉露天風呂など21施設。閉鎖施設を運営する指定管理者への休業補償は国の交付金を財源として行う方針。むつ市の宮下宗一郎市長は下北地域4町村長にも説明した。

宮下市長は東京を中心に全国で新型コロナの感染が再拡大している時期の事業開始に反対している。「キャンペーンによって感染拡大に歯止めがかからなくなれば、政府による人災」などと発言していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン