/

この記事は会員限定です

梅雨明けの兆し見えた? 夏空続かず冷夏の可能性も

編集委員・気象予報士 安藤淳

(更新) [有料会員限定]
■天気のなぞ
各地で梅雨空が続いているが、日本付近の気圧配置はここ数日間でかなり変わった。低気圧のコースが全体として北上し太平洋高気圧の勢力が広がりつつある。ようやく梅雨明けの「兆し」が見えてきたともいえる。ただ、夏空が広がっても一時的かもしれない。再びぐずつき気味の天気に戻り、冷夏傾向になるとみる専門家もいる。

熊本や広島、島根などが大雨に見舞われた7月前半は、梅雨前線が中国大陸南部から九州付近を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り986文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン