その他スポーツ

五輪へ再スタート、晴れぬ心 1年耐えきれず引退も
霧中の五輪(2)

ルポ迫真
2020/7/21 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「久々に緊張感のある雰囲気でよかった。きつかったけど、しっかり動けた」。4日、北海道士別市で行われた陸上大会「ホクレン中長距離チャレンジ」初日。五輪競技の試合再開で先陣を切ったレースで、女子5000メートルで2位に入った東京五輪マラソン代表、前田穂南(24)は気持ちよさそうに汗をぬぐった。

再び迎える節目の「開幕1年前」。東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)は5月下旬から段…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 テニスのイタリア国際は18日、ローマで行われ、女子ダブルス準々決勝で青山修子(近藤乳業)柴原瑛菜(橋本総業)組がエイジア・ムハンマド(米国)アリーナ・ロディオノワ(オーストラリア)組を6―0、6―3 …続き (20:42)

女子1万メートルで優勝し、2位の松田瑞生(左)、3位の前田穂南(右)と笑顔を見せる鍋島莉奈(18日、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)=共同

 陸上の全日本実業団対抗選手権第1日は18日、埼玉県の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われ、女子1万メートル(タイムレース)は鍋島莉奈(日本郵政グループ)が32分3秒40で優勝し、東京五輪マラソン代 …続き (20:41)

 国際体操連盟は17日、来年のワールドカップ(W杯)などの大会日程を発表し、トランポリンの東京五輪予選で新型コロナウイルスの影響により延期となったW杯シリーズ最終第6戦(イタリア)は4月23、24日に …続き (20:07)

ハイライト・スポーツ

[PR]