/

この記事は会員限定です

予約殺到の首巻きエアコン 「ガンガン冷やす」仕組み

[有料会員限定]
日経クロステック

家庭用エアコンの国内シェアで上位3位圏外と、地味な存在の富士通ゼネラルのある商品が、大きな注目を集めている。今年5月に発表した「Cómodo gear(コモドギア)」。頸(けい)動脈が通る首に巻き付けることで効率的に体を冷やす、持ち運び式の冷却デバイスである。(「首に巻く『エアコン』 富士通ゼネラル、6月から提供」参照)

対象は炎天下や空調がない環境で働く建設業や工場、警備業、イベント関係などの従事者で、月額5000円でレンタルを開始したところ、7月1日までに今夏分の1000台の予約が満了したという。

「うちの会社がこんなに騒がれているのは、(4年前に俳優の)山崎賢人さんをイメージキャラクターに採用したとき以来」と、広報担当者は驚きをみせる。

「一番冷える製品を造る」

実は近年、熱中症対策への意識の高まりから、こうした身に着ける冷却デバイスの市場が拡大しており、首元を冷やすというコンセプト自体は珍しいものではない。実際、7月にはソニーも首元に装着して体を冷やす「REON POCKET(レオンポケット)」を発売している。

首には頸動脈が通っているため、首元を冷やすのは体全体の冷却につながる。特に重要なのは脳だ。

「汗腺の働きや血管の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2465文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン