/

この記事は会員限定です

病院経営、ファンドで支援 銀行系リースが資金供給

[有料会員限定]

投資ファンドによる病院経営の支援が広がっている。三菱UFJリースや三井住友ファイナンス&リースはそれぞれ専門の投資会社を設け、融資や不動産の買い取りで資金繰りを支える。多くの病院はもともと建物の老朽化や後継者不足などの問題を抱えており、新型コロナウイルスの影響で財務体質も悪化して苦境に陥っている。

三菱UFJリースは子会社のヘルスケアマネジメントパートナーズ(HMP、東京・港)を通じて病院支援を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り984文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン