ゲンキーやEIZO上昇 コロナで北陸企業の株価明暗

2020/7/21 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、北陸企業の株価に明暗が分かれている。感染症対策用品や新しい生活様式に対応したサービスを提供する企業は上昇している。一方、世界的な景気後退で自動車関連などの製造業への売り圧力は高い。コロナ禍の収束時期が見通せず、影響の度合いを把握しにくい状況が上昇を妨げている側面もある。

日経平均株価は1月20日に年初来高値(2万4083円)を付けた。当時は日本で新型コロナ問題…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]