福岡PayPayドーム、AI検温サービスを導入

2020/7/21 14:45
保存
共有
印刷
その他

福岡ソフトバンクホークス(福岡市)は新型コロナウイルスの感染防止として、福岡PayPayドーム(同)に対象者の体温を自動で測定する検温サービスをこのほど導入した。スタジアムの入り口など14カ所に計15台の機器を設置し、発熱の疑いがある人を検知する。

福岡ソフトバンクホークスは自動で検温するサービス「SenseThunder(センス・サンダー)」を採用した。ソフトバンク子会社で画像認識技術を手がけ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]