/

この記事は会員限定です

貿易赤字は悪いことですか 底堅かった輸入

[有料会員限定]

2020年4~6月期の貿易赤字は四半期としては14年10~12月期以来、5年半ぶりの大きさとなった。新型コロナウイルス感染で世界経済が急激に縮小し輸出が大幅に減少した一方、輸入は輸出ほど落ち込まなかった。その結果として赤字額が膨らんだ。貿易赤字になると「転落」と表現されるなどイメージは良くないが、実際は良しあしを判断するようなものではない。

財務省が20日に発表した4~6月期の貿易赤字(速報値)は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1212文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン