/

この記事は会員限定です

任天堂、「あつ森」ブーム一巡後のカギは旧作力

大阪経済部 川崎なつ美

[有料会員限定]

「タイレシオ」という言葉を知っているだろうか。ゲーム機のユーザーがどれくらいゲームソフトを買っているか表す指標だ。任天堂が昨春に公表した独自算式で計算すると、2020年3月期のタイレシオは5万5793円と前の期に比べて1%増にとどまった。「あつまれ どうぶつの森(あつ森)」の人気に沸いたものの、実はスイッチ1台あたりのゲームソフト購入は伸びていないのだ。

理由の一つは、あつ森人気でスイッチを新規...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1442文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン