「未来よりも今を愚直に」 和牛伝道師のコロナ奮闘記

2020/7/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大で外食産業が危機に直面している。厳しい状況下、既存店売上高で前年同月比をプラスに伸ばした外食店がある。元IT(情報技術)起業家が立ち上げ、和牛輸出や高級レストランを手掛けるWAGYUMAFIA(東京・港)だ。外出自粛などで売り上げ激減に見舞われながら、どのように持ち直したのか。奮闘の現場を取材し、コロナ禍を生き抜くヒントを探った。

7月中旬、代表兼プロデューサーを務め…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]