/

この記事は会員限定です

村田機械、テスラもほれた搬送システム「一品対応」

はこぶチカラ(上)工場の自動化支える

[有料会員限定]

世界的メーカーがひしめく京都でも独自の存在感を放つ企業がある。「マテリアルハンドリング」と呼ぶ、工場の自動化を支える搬送装置などを手掛ける村田機械だ。非上場ながら、連結売上高は約3000億円、営業利益率は10%超。テスラとパナソニックが共同運営する「ギガファクトリー1」でも電池の搬送機器を導入するなど、顧客は世界大手ばかり。強さの秘訣は長年磨き上げてきた「オーダーメード力」にある。

米ネバダ州にあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1284文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン