/

電力・都市ガス大手、料金支払い猶予5カ月に延長

東京電力ホールディングス関西電力東京ガスなど全国の大手電力・ガス24社は20日、電気とガス料金の支払い猶予を最大5カ月に延長すると発表した。各社は3月に料金の支払期限を1カ月延長することを決め、その後は段階的に猶予期間を延ばしている。新型コロナウイルスの拡大で公共料金の支払いが難しくなった利用者に配慮する。

期限を延長するのは、全国の電力小売りと送配電事業の大手19社、都市ガス大手5社の計24社。4月分までの電気・ガス料金の支払期限を最大5カ月延ばす。5月分は4カ月、6月分は3カ月、7月分は2カ月猶予する。8月分の料金についても今回、新規に支払期限を1カ月延ばすことを決めた。

利用者が支払期限の延長措置を受けるには、契約する電力・ガス会社に申し出る必要がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン