風雲急の燃料電池トラック ダイムラーとトヨタが激突

2020/7/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トラック・バスなど商用車分野の燃料電池車(FCV)で勢力争いが風雲急を告げている。商用車世界最大手の独ダイムラーが、ライバルのスウェーデンのボルボと燃料電池分野で提携した。トヨタ自動車も世界最大の自動車市場である中国で、現地メーカーと商用車の燃料電池システムを共同開発する。2大陣営が形成され、長距離輸送の脱炭素を実現する本命技術として、FCVの開発競争が激しくなりそうだ。

■巨人ダイムラー、燃料電

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]