/

この記事は会員限定です

消えゆく地方創生戦略(時流地流)

[有料会員限定]

◆政府が今年度の地方創生の基本方針を決めた。新型コロナウイルス対策として地方への分散を促し、感染症に強い国づくりをどう進めるか。東京一極集中の是正に踏み込む好機にもみえたが、代わり映えのしない内容に終わった。デジタル行政の推進など、十年一日のお題目が目立つ「骨太の方針」と同様、存在意義が問われるといえよう。

◆現に地方創生の自治体版総合戦略は、かねて重複が多いと指摘されてきた自治体の総合計画に吸収され...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り506文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン