/

西部ガス、ガス警報器生かした見守りサービス

西部ガスは20日、見守り機能が付いた家庭用ガス警報器を9月から販売すると発表した。ガス警報器に専用のセンサー端末をつなぎ、ガス漏れの確認に加え、窓の開閉や室温といった情報を家の外からスマートフォンで確かめられるようにした。子どもがいる共働き世帯や単身高齢世帯の利用を見込む。

ガス警報器と小型のマルチセンサー端末を組み合わせた。利用者は専用のスマホアプリから室内の状況を確認できる。料金は機器をリースする場合で、月770円からとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン