/

この記事は会員限定です

ESGの公用語、知っておきたいSASB(サスビ)

編集委員 小平龍四郎

[有料会員限定]

Sustainability Accounting Standards Board(SASB)をご存じだろうか。「持続可能性会計基準機構」とか「サステナブル会計基準審議会」などと訳される、米国の非営利組織だ。そこでつくられる情報開示ルールが、ESG(環境・社会・企業統治)投資のグローバル公用語になりつつある。

流れを作ったブラックロック

「SASBって何だ」「日本語の資料はないか」「ウチの対応はど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2243文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン