時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,208,896億円
  • 東証2部 67,064億円
  • ジャスダック 98,400億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率19.64倍24.89倍
株式益回り5.09%4.01%
配当利回り1.93% 1.71%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,184.93 -0.19
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,310 +130

[PR]

東京証券取引所のシステム障害による全銘柄の売買停止に伴い、算出ができない株価指数や個別銘柄の株価などは「-」で表示しています。

スクランブル

フォローする

よぎる「1999年」相場 流動性×ITの宴いつまで
編集委員 藤田和明

藤田 和明
編集委員
2020/7/20 20:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コロナ危機で株価が崩れた3月の大底から4カ月。最も恐れながらも起きずにすんでいるのは、リーマン・ブラザーズ破綻のような金融危機だろう。マクロ指標は悪化が続くが、中央銀行による大量の緩和マネーが金融システムを支えている。むしろそのマネーが外にあふれ、随所で投機的な動きさえ生んでいる。市場では1999年の強気相場と重ねる声がある。

「1999年のライト(軽い)版だ」。米バンク・オブ・アメリカの最高投…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム