/

この記事は会員限定です

[社説]検察組織の信頼回復を急げ

[有料会員限定]

検察トップの稲田伸夫検事総長が退任し、後任に東京高検の林真琴検事長が就任した。政治との「距離」が問われ、統治や自浄能力に疑問符がつけられた検察組織をどう立て直し、国民の信頼を取り戻していくのか。新体制が果たすべき責務は大きい。

今年1月、政府はそれまでの法解釈を変更し、黒川弘務・元東京高検検事長の定年を延長した。さらにこの人事を正当化するかのように、内閣が必要と認めた検察幹部について定年を延長でき...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り587文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン