/

休業要請「従わなければ罰則を」 兵庫知事

記者会見する井戸知事(20日、兵庫県庁)

兵庫県の井戸敏三知事は20日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた休業要請をめぐり、民間事業者らへの罰則を伴った法改正が必要との考えを示した。「諸外国のように休業要請に従わない場合は罰則がかかるような制度につくり変えないと実効性がない」と述べた。

現行の改正新型インフルエンザ対策特別措置法は自治体による休業要請に従わなくても罰則はない。各自治体でこれまで協力事業者に支援金を給付するなどして理解を求めてきたが、井戸氏は財政面で課題は多いと指摘した。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン