30代課長・40代局長を 厚労省若手が大臣に提言

2020/7/20 19:00
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省の若手職員のチームは20日、年功序列人事を抜本的に見直すよう加藤勝信厚労相に提言した。有能な人材が集まる職場にするには30代で課長職、40代で局長職となれるようにすべきだと訴えた。厚労省では若手職員の離職が相次いでいる。

加藤氏ら幹部職員が集まる会議の場で、資料を提出し、直接訴えた。「キャリア」と呼ばれる総合職と一般職の間の人事交流・転籍が限定的だとし、意欲と能力のある人が積極的に…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]