/

愛媛産品成約額、4~6月21.6%減

愛媛県産品の国内外での売り込みを担う県の組織「愛のくに えひめ営業本部」の、2020年度第1四半期(4~6月)の成約額は46億9000万円だった。フィリピンで電動三輪車成約の大型案件があった前年同期比で21.6%減だった。同案件を除いた比較では約5億円増となり、中村時広知事は「比較的順調」としている。

県によると、テレビショッピングや、通販サイト「愛媛百貨店」でのキャンペーンなどが奏功した。一方、新型コロナウイルスの影響で商談会・フェアの開催件数や参加事業者数は前年同期比で減少した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン