/

大商の尾崎会頭、続投の意向 コロナや万博対応に意欲

大阪商工会議所の尾崎裕会頭は20日の記者会見で、10月末で任期満了を迎える会頭職について続投する意向を示した。同時期に任期を終える副会頭のうち西村貞一氏(サクラクレパス会長)と古川実氏(日立造船相談役)が退任し、新たに黒田章裕氏(コクヨ会長)と広瀬恭子氏(広瀬製作所社長)を推挙する考えも発表。正式には11月の議員総会で決まる。女性の副会頭は大商では初めて。

尾崎会頭は続投の理由を「新型コロナ禍の影響を大きく受けた大阪関西経済を再び成長軌道に戻すことに力を注ぐ」と発言。2025年国際博覧会(大阪・関西万博)についても「成功するようにさらに努力していく」などと述べた。

今後は特に新型コロナ禍で苦境に陥る企業の事業承継を支援するほか、「大阪の新しい産業を興すことに関わっていきたい」と意欲を語った。

大商の役員任期は3年。尾崎会頭は2015年12月に就任し、今年11月に再任されれば3期目を迎える。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン