/

投信保有でPonta付与 auカブコム証券、KDDIと連携強化

auカブコム証券は20日、投資信託の保有残高に応じて共通ポイント「Ponta(ポンタ)」を付与する仕組みを8月下旬に導入すると発表した。カブコムが取り扱う投信1198本の大半が対象。昨年カブコムに出資したKDDIのポイント制度は5月下旬にポンタに吸収されており、ポイントサービスでKDDIとの協業を進める。

ポンタの付与率は投信の月間平均保有額に応じて決める。保有額が2万4千円以上で年率ベースで0.05%、100万円以上で0.12%、3千万円以上で0.24%のポイントが付く。ポンタをもらうにはauのIDを取得し、IDをカブコムの取引サイトに登録する必要がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン