/

[英文]高値続く金、アジアの宝飾品の実需は減退

新型コロナウイルスへの不安から安全資産としての金の価格が急騰している。しかし、宝飾品として実物の金の二大消費地である中国とインドでは価格高騰により需要が大幅に減退。インドでは6月の輸入量が前年度比8割減を記録した。同国では金は冠婚葬祭など市民生活に欠かせない宝飾品だが、コロナの影響が直撃している。(記事の続きは以下のバナーから英文でお読みください)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン