/

昭和産業、ブドウ糖大手を子会社化 150億円で

昭和産業は20日、ブドウ糖大手のサンエイ糖化(愛知県知多市)を10月1日に完全子会社化すると発表した。150億円を投じ、現在の親会社の三井物産から全ての株式を取得する。基盤事業で、トウモロコシなどの原料からブドウ糖などを製造する糖質事業を強化する狙いだ。

昭和産業の糖質事業は現在、主力の鹿島工場(茨城県神栖市)と子会社の敷島スターチ(三重県鈴鹿市)で展開する。3拠点体制になることで生産や販売の効率化、BCP(事業継続計画)対策につながる。

サンエイ糖化の2020年3月期の売上高は146億円で、昭和産業の糖質事業と合わせると500億円規模になる。サンエイ糖化が製造するブドウ糖は主に点滴や透析といった医療用として使用され、同分野を得意とする。同社は乳酸菌事業も手がけており、昭和産業は事業領域の拡大にもつなげたい考えだ。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン