LG化学、石化から電池へ EV向けに集中投資

2020/7/20 15:32
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

石油化学を主力としてきた韓国LG化学が車載電池事業へのシフトを急いでいる。電池向けの設備投資を2019年に倍増させ、20年はさらに増やす。電気自動車(EV)の普及を見越した「選択と集中」を評価し、株価は昨年末比で60%上昇した。9年ぶりの上場来高値の更新をうかがう。

米ゼネラル・モーターズ(GM)、米テスラ、中国吉利汽車、韓国現代自動車――。LG化学は矢継ぎ早に自動車大手との協業を決め、完成車工…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]