/

この記事は会員限定です

貴金属先物などと金融派生商品、一元取引を開始

世界のマネー誘致、27日から、Q&A総合取引所

[有料会員限定]

日本取引所グループ(JPX)は27日に、貴金属と農産物、ゴムの取引を東京商品取引所から大阪取引所に移管する。商品先物を証券デリバティブ(金融派生商品)と一体で扱う総合取引所としての取引が始まる。市場改革の経緯や課題、売買の注意点をまとめた。

Q 移管の狙いと経緯は。

A 日本市場の国際競争力の強化が狙いだ。特に国内の商品先物は売買高が15年で5分の1以下に縮小した。世界の取引所は証券と商品のデリバティブを一元的に扱...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り944文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン