/

この記事は会員限定です

休業要請、店舗ごとに可能に 風営法で立ち入り調査も

(更新) [有料会員限定]

政府は新型コロナウイルス感染が再び広がっているのを受け、現行法の適用拡大で対策を強化する。緊急事態宣言の発令前でも特別措置法に基づき個別店に休業要請できるようにする。風俗営業法による「夜の街」への立ち入り調査で感染防止策を促す。宣言を出さず現行法を活用する。

改正新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく緊急事態宣言を再び発令すれば経済社会活動への影響が大きい。経済再生との両立をめざす政府は再発令を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1470文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン