/

吉村知事「第2波の入り口」 大阪の感染者増加で

大阪府の吉村洋文知事は20日、府内の新型コロナウイルスの感染者数が高水準で推移していることを受け、「単純に数だけ見れば(感染が再拡大する)第2波の入り口に入っているのではないか」との認識を示した。大阪府庁で記者団の取材に応じた。

府内では15日、政府の緊急事態宣言の解除後で最多となる61人を確認。18日に86人、19日には89人の感染が判明し、過去最多の4月9日(92人)に迫っている。

一方で吉村氏は軽症や無症状が多い若者の割合が高いことや、重症患者向けの病床の使用率が19日時点で2.7%にとどまっていることも指摘。「医療体制の点で見れば、若者が多いので、第1波の時よりも深刻ではない」と述べた。

吉村氏は感染防止対策を取らない店などに、営業停止を命令できるように法改正をすべきだとも指摘。法改正が実現しない場合、府が独自に条例を作ることも検討しているとした。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン