/

「武漢が世界で一番安全」にぎわう街で聞く市民の本音

7月中旬、武漢の繁華街は大勢の武漢市民でにぎわっていた(写真:町川秀人、以下同)
日経ビジネス電子版

いち早く新型コロナウイルスの感染拡大の第1波を乗り越えた中国では平穏な日常を取り戻しつつある。では、世界で最初に新型コロナウイルスの感染拡大が起き、1月下旬から約2カ月半にわたり都市封鎖された湖北省武漢市は今どのような状況なのか。7月中旬、武漢に向かった。

「今年は武漢の外への旅行は行かないつもりよ。外はウイルスがいて危ないけど、武漢市内は今は世界で一番安全だから」。7月中旬。武漢最大のショッピング街である江漢路で、串料理の屋台に並んでいた武漢市民の中年女性はこう語った。

夜になるとさらに店が増えてくる

女性に話を聞いた現場の周囲は、文字通り芋を洗うような混雑ぶりだった。店員たちが客を呼び込む大きな声がひっきりなしに響く。屋台が連なる中心部には家族連れやカップル、友達連れなど多くの人が集まり、談笑しながらショッピングや飲食を謳歌していた。「夜の2時ごろまで人が絶えないよ。封鎖は本当に大変だったけど、前のように人出が戻ってきてよかった」と、スイーツを販売する屋台の店主は笑った。

「露店経済」。李克強(リー・クォーチャン)首相が5月末、全国人民代表大会の閉幕後の会見で言及した政策だ。道路の使用制限を緩和して屋台の出店を促し、経済を活性化しようというものだ。北京のように、これまで美観強化のために屋台を取り締まってきた経緯から「大都市には向かない」といったんは緩めた取り締まりを再び強化したところもあるが、新型コロナ前に夜市を認めていた地方政府は再び露店経済を動かすことで消費を盛り上げようとしているようだ。

その現場をさらに見ようと、江漢路から10分ほどの「保成路夜市」に向かった。夜市の入り口には1.5メートルのソーシャルディスタンスをとるようにとの注意書きがあるが、この混雑ではそれを守ることは不可能だ。道の両側に露店が連なり、衣料品やカバン、靴、アクセサリー、玩具など様々なものが並べられており、熱心に掘り出し物を物色する人々の姿があった。

「保成路夜市」の入り口には1.5メートルの距離を開けて行動するよう注意書きがあった。しかし、守っている人はいない

これが、世界中を大混乱に陥れたパンデミックが始まった都市の、コロナ後の姿なのか。中国の徹底した対策や感染拡大が抑えられていることはことあるごとに実感している一方で、「ウィズ・コロナ」のあり方を模索しながら苦しむ世界各国のニュースを見聞きする身としては、にわかには信じがたい思いでその光景を見つめるほかなかった。

「全員検査」で経済が回り始めた

武漢の突然の封鎖により全世界に衝撃が走ったのは1月23日。厳格な移動制限が敷かれ、市内の通りからは人が消えた。武漢では5万人を超える感染者、3869人の死亡が報告されている。

それから半年。いまだに感染拡大に苦しむ他国を尻目に、武漢にここまでのにぎわいが戻ると想像した人はいなかっただろう。

武漢市民が、その転機となったと口をそろえるのが「全員検査」である。

「武漢の住民全員にPCR検査を実施せよ」。こう指示したのは応勇・湖北省共産党委員会書記とされる。習近平(シー・ジンピン)国家主席との関係が深く、前任の湖北省トップが2月に新型コロナの初期対応ミスで更迭された後、上海市長から横滑りしてその後任に就いた人物だ。武漢では4月8日の封鎖解除後も市民が職場復帰のために受けたPCR検査から無症状感染者の発覚が相次ぎ、経済活動の足を引っ張った。武漢市内に不安が残っていたのはもちろん、中国各地で武漢市民や武漢と関わりのある人への偏見も生まれていた。「社会の恐怖を取り除くにはこれしかない」との判断だった。

検査は6歳以上の全武漢市民を対象に5月14日~6月1日の19日間にわたって集中的に実施された。検査を受けた人は「所要時間は1人当たり数十秒から1分ぐらい。飛沫感染を防ぐため、横向きに座って検体を採取された」と語る。10人まとめて検査して、陽性が出たグループのみ改めて個別に検査をし直すなどして効率化したという。

990万人を検査した結果、約300人の無症状感染者が確認された。コロナ後の中国で人の移動管理に使われるようになった「健康コード」には、PCR検査の結果データが表示されるようになった。

封鎖期間中、「地下鉄やバスといった公共交通機関がない中、生活必需品を購入する人を自分たちがスーパーなどに送り迎えした」と武漢のタクシードライバーは教えてくれた。住民からはお金を受け取れないが、武漢市政府から1日当たり600元(約9200円)が支給される仕組みだったという。中国のタクシーが1日に稼ぐ金額を上回ると見られ、危険手当も含まれていたのだろう。「300人の無症状感染者見つかり、陰性になるまで全員隔離された。これでみんながやっと安心して生活できるようになった」と語っていた。

武漢市当局によれば全市民へのPCR検査費用は全体で9億元(約150億円)だったという。PCR検査の結果が間違えていることもあり100%の信頼をおけるものではないことは、中国でも理解されている。実際はウイルスを保有しているのに見過ごされる可能性もあれば、外から改めてウイルスが持ち込まれる可能性もある。実際に5月には北京でも感染の第2波が発生した。

新型コロナの感染者をゼロにすることは、現実には不可能だ。しかし、身の回りのどこに感染リスクがあるかわからないという疑心暗鬼の中で2カ月半の都市封鎖を経験した武漢市民にとって、前向きな経済活動を進めるためにも「全員検査」は必要なイベントだったのだろう。

(日経BP上海支局長 広岡延隆)

<訂正> 7月22日2時00分に掲載した「『武漢が世界で一番安全』にぎわう街で聞く市民の本音」の記事本文および写真説明において「保定路夜市」としたのは誤りで、正しくは「保成路夜市」でした。記事本文および写真説明は修正済みです。(2020/07/23 2:50)

[日経ビジネス電子版2020年7月20日の記事を再構成]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ビジネス電子版セット

週刊経済誌「日経ビジネス」の記事がスマートフォン、タブレット、パソコンで利用できます。雑誌発行日の前週の水曜日から順次記事を公開。日経電子版とセットで月額650円OFFです。

お申し込みはこちら

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン