/

この記事は会員限定です

解散風吹く夏政局 自民新世代発の「多様性」論争

編集委員 清水真人

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染再拡大を横目に、早期の衆院解散・総選挙か、と風が吹く夏の政局。自民党で風にあおられたのが比例代表の73歳定年制を巡る世代間闘争だ。ベテラン勢が廃止を迫ると、若手議員は政治家の「多様性」確保を旗印に押し返し、論争の土俵が広がった。気がつくと、「魔の3回生」と呼ばれがちな新世代が描く政党像はじわりと変容しつつある。

「政策実践」に動く青年局

「地域の課題を解決する政策実践集団と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3186文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン