/

この記事は会員限定です

涼を呼ぶ 江戸のガラス

NIKKEI The STYLE

[有料会員限定]

そよ風に響く風鈴や、繊細なカットが光り輝く切子。涼を誘うガラスは軒先に卓上にと日本の夏を彩ってきた。

「魔除けの道具」がルーツの風鈴は、今、ささやかな疫病退散の願いをこめて注目を集める。江戸時代から連なる伝統の技は、歴史の荒波を越えて受け継がれ、現代の意匠として息づいている。

風鈴~魔除けから夏の風物詩に

夏の風物詩でもあるガラス風鈴だが、その歴史が江戸時代に始まることをご存じだろうか。

「江戸時代のガラスは、割れそうなぐらい薄く...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3800文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン