/

砂浜に「升席」、マスクでプール 変わる水のレジャー

23日は海の日。関東甲信越地方の梅雨明けを間近に控え、本格的な夏が到来する。例年なら一斉ににぎわい出す海水浴場やプールなどは、新型コロナウイルスの影響で様相が一変しそうだ。密集を避ける工夫をしつつ、水のレジャーの新様態を模索する各地の様子を点描した。

フェースシールド越しの絶叫

フェースシールドを着用し、スライダーを楽しむ人たち(18日、東京都あきる野市の東京サマーランド)

感染防止の観点からプール施設の営業休止が相次ぐなか、「東京サマーランド」(東京都あきる野市)は、来場者を制限するため、13日から日付指定券での一般営業を始めた。水着をつけての来場を促し、「3密」となる更衣室の利用時間を抑制する。屋外プールではマスク着用を求めないが、持参した浮輪などを利用し、人どうしの距離を保つように呼び掛ける。

特に神経をとがらせるのが、利用が集中する人気のアトラクションだ。全長約130メートルのウオータースライダー「DEKASLA(デカスラ)」ではゴムボートの乗客人数を上限4人とし、全員にフェースシールドの着用を求めている。高校の同級生3人と利用した小保方柾宗さん(19)は「飛沫感染のリスクを感じさせない配慮で、安全に利用できた」。仲間と競うように大声を上げながら、勢いよく滑り降りていった。

距離を保ちながらレジャーシートで休憩する人たち

砂浜に「升席」 入場規制

砂浜にロープの枠が設置された白浜大浜海水浴場(16日、静岡県下田市)

例年、首都圏からの人出でにぎわう静岡県下田市では、夏の観光シーズンを控え、市内9カ所すべての海水浴場の開設を決めた。各海水浴場は砂浜や売店での「密」を避けるなどの感染症対策を徹底し、8カ所が23日に海開きを迎えた。

抜群の透明度で人気の高い白浜大浜海水浴場では、ロープで4メートル四方を囲った「升席」を800区画以上設けた。密集を避けるため、ひとマスごとの入場を4人程度に制限する事実上の入場規制をする予定だ。伊豆白浜観光協会によると昨年、同海水浴場を訪れた観光客は約25万人。同協会の鈴木和明会長は入場規制をしながらの運営に不安を口にしつつも、「日帰りで安全に利用してもらえたら」と話す。花火等のイベントは一切中止し、全海水浴場の閉場は午後4時と例年より1時間繰り上げとなる。

「海水浴」は自粛 事故防止に奔走

遊泳を控えるように呼びかける看板(20日、神奈川県藤沢市)

一方、隣接する神奈川県ではすべての海水浴場の開設を見送ったものの、砂浜への立ち入り自体は制限しない。夏本番を控え、各自治体では訪れる人たちの安全対策に余念がない。昨年、7~9月に約155万人の海水浴客が訪れた藤沢市は管理する各海岸に遊泳自粛の看板を設置した。サーフィンなどマリンスポーツ可能の区域を示す「エリアフラッグ」を今年から導入した。

例年通りライフセーバーも配置して衝突や海難事故を防ぐ。久しぶりの晴れ間が見られた20日、1歳の息子を連れて片瀬西浜・鵠沼海岸を訪れた荻田江里香さん(32)は「地元で海デビューのはずだったが、(遊泳できず)残念」と波打ち際で肩を落とす。近くを監視していたライフセーバーの男性は「これから人はもっと増えるのではないか。(遊泳の自粛を)周知していかなければ」と話し、表情を引き締めていた。

マリンスポーツ可能の区域を示す「エリアフラッグ」

(写真映像部 森山有紗、井上容)

新型肺炎

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン